臨床開発モニターとは

診療開発モニターとは、職業の一つです。

英語ではClinical Research Associateと呼ばれ、CRAと略して呼ばれていることの方が多いかもしれません。

臨床開発モニターは、一口でいえば新薬の開発において、最終段階に関わる様々な事柄に携わることが仕事となっています。

医薬品というのは、非常に安全性が問われるものなので、新薬の開発に関わる仕事となったら、非常に専門性が問われ、有効性が問われ、安全性が問われることとなります。

ですので、安全に商品として発売できるよう、多くの実験を行わなければなりません。

この実験をし、結果をまとめることに関わる仕事をしているのが、臨床開発モニターという仕事です。

具体的には、治験をする際の契約、モニタリング、治験終了の際に行う手続きなどがあります。

担当する医師を選択し、スケジュールの調整を行い、スタッフの説明などを行うのも、臨床開発モニターの仕事となります。

臨床開発になくてはならない仕事なので、やりがいも当然あるものです。

非常に専門性が問われるという意味でも、充実した仕事を行えるようになること間違いないでしょう。

また、高いコミュニケーション能力も求められるので、知識とともに、人に対する興味がある方に向いているといえるかもしれません。